任意保険 軽自動車|通販型と従来型との価格差

任意保険は軽自動車でも保険のタイプによって大きい価格差が出ます。

任意保険 軽自動車

一括見積もりでの任意保険料の比較例をご覧ください。
最高と最安とでは約1万5千円、2倍に近い(1.9倍)差が出ています。


◇軽自動車(5ナンバー)の任意保険料比較◇

AAA損保   31,620円 (代理店型)     CCCダイレクト  18,910円 (通販型)

BBB海上  28,930円 (代理店型)     DDD損保    16,670円 (通販型)


【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,
走行距離3000km未満,対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし
(※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。)


これを見るだけで軽自動車でも一括見積もり利用者が増えている訳がわかります。
安さが命の軽自動車こそ各社の比較が必要だと思わされます。

一括見積もり【無料】は簡単な入力で複数社の見積もりを同条件で比較することができます。
400万人を超す利用実績があり電話勧誘などを受ける心配もありません。

任意保険 軽自動車|一括見積もりの使い方

任意保険 軽自動車

一括見積もりの流れ

◎事前に準備するもの

免許証、車検証、現在加入の保険証券
(※初めて自動車保険に加入する場合は、車の型式のみで見積りできます。)

◎入力項目

①初度登録年月 、メーカー名、車名、型式、保険加入状況、所有者、主たる使用目的

②予想年間走行距離、主たる運転地域、エアバック、改造の有無、陸運支局

③現契約のノンフリート等級、現在の補償内容、原契約の満期日、現契約の保険会社

④現契約保険金請求事故回数、契約者の基本情報(住所、氏名、年齢など)

⑤運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)

※入力項目が多く見えますが、実際には最短で5分程度、長くても15分くらいで完了します。
特約、車両保険などの方針を事前に決めておき、入力中に悩まないようにしましょう。

◎メールあるいは郵送で見積もりが届く

入力を確認し申込完了です。
メールの場合は1日程度、郵送の場合は2日程度で見積もりが届きます。


任意保険 軽自動車|おすすめの一括見積もりサービス

おすすめの一括見積もりサービスを当サイトの人気順に紹介します。

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

保険の窓口
インズウェブ

★★★★★

●最大20社は一括見積もりサービスで最多です。
●リアルタイムの一覧表で簡単に比較できますs。
●免許証、保険証券等を準備し、最短5分で入力完了。
■保険会社名
アクサダイレクト・エース保険・ソニー損保・チューリッヒ・三井ダイレクト・イーデザイン損保・セコム損保・セゾン自動車火災・ゼネラリ・三井住友海上・そんぽ24・SBI損保・ニッセイ同和・朝日火災・共栄火災・損保ジャパン・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・あいおい損保・AIU保険

保険スクエアBang!

★★★★★

●見やすい一覧表で比較・検討ができます。
●リアルタイム表示も可能です。
●一括見積のパイオニアの実績と信頼がメリットです。
■保険会社名
あいおい損保・アクサダイレクト・イーデザイン損保・AIU・SBI損保・共栄火災・セコム損保・ゼネラリ・ソニー損保・そんぽ24・チューリッヒ・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・三井住友海上・三井ダイレクト損保

カービュー

★★★★☆

●厳選の有力9社の見積りができます。
●車関連の情報が豊富でいざという時に頼りになります。
●クルマ好きにピッタリの見積もりサイト。
■保険会社名
三井住友海上、ゼネラリ保険、アクサ損害保険、チューリッヒ保険、ソニー損害保険、三井ダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、SBI損害保険、イーデザイン損保

任意保険 軽自動車|一括見積もり利用者の口コミ

任意保険 軽自動車

一括見積もりは次のような場合には特におすすめです。

・自分の加入条件で軽自動車の任意保険の相場を知りたい
・ディーラーがすすめた任意保険がそのままになっている
・軽の安い任意保険に乗り換えたいが調べる時間が取れない
・普通乗用車から軽自動車に乗り換えた
・転勤、進学などで家族構成が変わった

便利なのはわかっても初めての場合は疑問や不安が残るものです。

入力がむずかしくないだろうか?
後で電話勧誘などがあるんじゃないだろうか?
補償内容の比較は大丈夫なのだろうか?
ロードサービスの比較はできるだろうか?

まずは一括見積もりの利用者の体験談をご覧ください。


◎基本のしくみが違う通販型と代理店型

一括見積もりを行ってみると保険料の安い任意保険は通販型に多いことが分かります。
軽自動車でも保険会社によって任意保険料の違いが大きいことに驚くかも知れません。

通販型の保険料が安いのには明確な理由があります。
通販型は、代理店の手数料、支店経費などの中間的なコストを省略しているからです。
代理店手数料は保険料の20%ですのでこの差は決定的です。

代理店業界の90%が副業代理店という市場に、直接販売で「適正価格」を提示しているのが通販型です。
補償、事故対応など基本事項については、通販型も代理店型も金融庁認可の保険事業である点で何の違いもありません。

かつて、保険金の出し渋り問題で代理店系大手各社が金融庁から是正を受けたましたが、問題があれば金融庁が放って置かないということです。

合理的でエコノミーな通販型は、エコな軽自動車にピッタリの任意保険なのかもしれません。


◎通販型は事故の時大丈夫だろうか?

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型でも通販型でも同じことです。
代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。
事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。

ネットなどで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の市場の姿を表しています。
代理店が安心というのは、プロとしてのアドバイスが可能な専業の「プロ代理店」を通して契約する場合の話だと考えるべきです。

逆に通販型の任意保険の場合は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。



このページの先頭へ